ほくろの中には、悪化すると診断されているにもかかわらずほくろ除去をせずにいることで、ガンにまで発展するケースがあります。
ほくろによるガンの発生率は少ないでしょうが、手のひらや足の裏などの、刺激を普段から多く受ける箇所にできてしまうと、確率が上がってしまうので、ガンを未然に防ぐために、紫外線対策を心がけたいものです。

スポンサードリンク

ほくろ除去 悪性がん メラノーマ

メラノーマは、皮膚ガンの一種ですが、一見ほくろにしか見えないので、メラノーマを疑う人は少ないそうです。

ほくろに知識がないということは、こうしてみると恐ろしいものですね。

メラノーマは、別名悪性黒色腫であり、4タイプのガンがあるとのことですが、メラノーマが1番危険な種類だということです。

メラノーマが良くないといわれている理由は、ガン組織があり、ガン組織の成長が速いので、すぐに転移してしまう性質があります。

ほくろだと思って放っておいたら、実はメラノーマだったというケースでは、診察を受けに出向いた時には遅過ぎたということも考えられます。

ほくろ除去を早期に行っておけば、こんなことにならずに済んだのにという結末を迎えたら悲しいでしょう。

メラノーマを疑ってほくろ除去も視野に入れた方が良いという基準は、まず突然できたほくろが要注意です。

形がいびつだったり、大きくなってきたほくろを発見したら、病院などで診断を受けるべきでしょう。

ほくろ除去の必要性があるか、素人判断をせず、きちんと知識のある医師に診てもらってください。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

ほくろ除去:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.dp98.com/hokuro/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。